サイトマップお問い合わせHOME
当医院について
診療のご案内
院内風景
痛くない麻酔・無痛麻酔
アンチエイジング(お口の健康のために)
虫歯について知ろう!
ドックスベストセメント
院長ワールド(鉄道模型とドールハウス)
きたじま歯科医院
086-944-8099
拡大図

アクセスマップ

JR赤穂線西大寺駅から
徒歩5分
西大寺バスターミナルより
徒歩5分

診療のご案内

U) 欠損症(ブリッジ・入れ歯・インプラント)

欠損症

【目次】

欠損症とは

ブリッジ

義歯(入れ歯)

インプラント

<欠損症とは>

歯が何かの原因でなくなった状態を欠損症といいます。

歯が1,2本無くなっても危機感を持たれない方が、案外多いようです。 それをそのまま放置していると、慣れてしまって、まったく不便を覚えなくなります。 しかし不便がないからとそのまま放置しておくと、噛み合わせの全体的な問題が生じます。

歯が抜けて放置していると、

A

向かいあった歯が、延びて着ます。

歯が抜けて放置していると

B

抜けた歯の隣の歯が倒れこんできて、歯と歯の間に隙間をつくり、食べかすが入りやすくなり、虫歯、歯周炎の原因にもなります。

C

A)歯が伸びてきて、B)の歯がたおれてくると、C)の空間は狭くなり、後にブリッジか入れ歯をいれようとおもっても入らなくなります。

これらの歯が移動したことで、その周囲の歯は、早期接触がおこり、歯は動揺し始め、歯が抜け落ちる可能性もでてきます。

歯がなくなった部分では、噛む機能が劣るため、違う場所で噛もうとします。 そうしてるうちにそこで、咬合のズレが生じ、色々な箇所に悪影響を及ぼせます。


↑ 目次へ

<ブリッジ>

ブリッジ(治療前) ブリッジ(治療後)

メリット・デメリット

利点

● 装着感は歯があったときとほとんどかわりません。

欠点

● 支台となる歯を削ります。
● 欠損の状況によっては、保険適用にならない場合があります。

※ 材質は冠(虫歯)と同じ材質を使用します。
※ 保険適用の場合は、銀歯です。


↑ 目次へ

<義歯・入れ歯>

義歯・入れ歯(治療前) 義歯・入れ歯(治療後)

メリット・デメリット

利点

● 支台となる歯(バネのかかる歯)は、ほとんど削りません。
● 欠損の状況を選ばず、保険適用可能です。

欠点

● 装着感は、入れ始めはかなり違和感があります。
  (時には、入れ歯がすれて痛みがでる事もあります。)
● 入れ歯をいれる事が年をとったと感じさせる。
● 笑うと場合によっては、バネがみえる。
● 着脱式なので朝、就寝前にはずして掃除をする。
● 入れ歯のバネ、床(ピンクのところ)に食べかすが詰まりやすい。
● ブリッジと比べ製作過程がすこし長いです。

義歯が出来るまで。

印象

印象

診断用と製作用2回型をとります。

診断用模型にて、個人トレーをつくり、精度の高い型を取ります。

左:既製の金属トレー
右:模型から作り出した個人トレー

バイト

バイト

かみ合わせをとります。

必要に応じてより詳しい咬み合わせをとる場合があります。

指摘

指摘

人口歯を並べてみて、かみ合わせや審美性をチェックします。

完成

完成

装着後でも違和感、入れ歯と歯肉とのスレによるキズなどが出来ますので、数回は調整にきていただいております。


↑ 目次へ

<インプラント>

10年前と比べ数段進歩した分野だとおもいます。手術、インプラント自体の構造、上部構造物(冠)の考え方はかなり確立し、平均対応年数も伸びてきました。

しかし、当院では欠損症の第一選択とは考えておらず、まだ積極的にインプラントを推奨しているわけではございません。理由としては、

  • 最終補綴物が装着後のケアーが大変なこと。
    (インプラントケアーは保険外となります。)
  • 喫煙者、歯ぎしり、食いしばりのある方、全身疾患のある方、は向かない事。
  • 歯が欠損した理由が上記のいずれかの方が多いこと。
  • 術後何らかの問題がおこった場合の骨への損傷が大きいこと。
  • 金属疲労の問題。
  • 経費の問題。

があげられ、その事を理解され、諸問題が解決され、プラークコントロール(セルフケアーも含む)が可能になった上で行います。


↑ 目次へ

↑ ページTOPへ

Copyright(C)2005 きたじま歯科医院 All rights reserved.
きたじま歯科医院